学部生向けに「AMATERAS」を活用した「ビジネスデータ科学」の授業を東北大学大学院経済学研究科サービス・データ科学研究センターにて2019年4月より開始

AI民主化を目指し、AIを自由に活用できる社会の実現に向けて挑戦する株式会社aiforce solutions (本社:東京都千代田区、代表取締役社長:西川 智章、以下「aiforce」)は、

東北大学大学院経済学研究科サービス・データ科学研究センター(センター長:松田 安昌、以下「東北大学」)にて、2019年4月からAI人材育成を目的として、学部生向けに「ビジネスデータ科学」の授業を提供します。


授業では、AI 専門家でなくてもAI 活用による業務生産性向上のメリットを得ることができるように、数クリックで、機械学習によるデータ分析や需要予測など、簡単にAIの学習済みモデルを構築することができる「AMATERAS」を活用します。

現在、大学が取り組むAI人材育成の大きな課題となっているのが、2つ。

1つ目が、Phython等、プログラミングのスキルが必須であること。よってプログラミングができない、苦手な学生が取り残されるということ。

2つ目に、ビジネス等の分野でどのようにAIが活用されているかを教えることができないため、学生の興味を持たせることが難しいということ。

「AMATERAS」を活用することで、プログラミング知識のない学生でも、AI学習済みモデルの一連の流れを簡単に「体験」することができ、AIに興味を持つ学生数を飛躍的に向上することができると考えております。





◆株式会社aiforce solutionsについて (https://www.aiforce.solutions/)

・会社所在地 : 東京都千代田区大手町1-5-1 大手町ファーストスクエアウエストタワー2F

・代  表 者 : 代表取締役社長 西川 智章

・事 業 内 容 : 

Ø AI Development & Due Diligence

AI導入コンサルティングやプロトタイプ開発の支援。また、PoCを実施するAIベンダーの

選定や投資先候補の技術評価を支援

Ø Automated Machine Learning

統計解析や機械学習の専門知識がなくても、GUI上で簡単に説得力のあるグラフや未来予

測を行う事が可能。AIプロジェクトの期間を最短1日まで削減。

Ø AI Education

AIビジネスをリードできる次世代のコンサルティング人材の育成に注力。AIテーマ選定(どの業務にAIを適用できるか)やAIテクノロジーやAIベンダーの選別や目利き力の強化を目指す。

85回の閲覧